結婚式の祝福の電報について

結婚式の電報は、式に出席できなかった人が花婿や花嫁へ送る祝福の言葉です。
最初に結婚式の電報で使ったら良くない言葉があります。
祝福の電報では、帰る、終わる、割る、捨てる、冷めるなどの夫婦の離別を想像させる言葉や次々、度々、またまたなどの同じ言葉を重ねることで再婚を想像させるような言葉は避けます。
そして、祝電は披露宴が始まる1時間前には間に合うように依頼します。
普通祝電は披露宴の談笑のときに読まれます。
披露宴の日取りが予めわかっている場合、余裕を持って依頼しておくべきです。
祝電を1か月も前から頼むことができるところもあります。
次に宛名の書き方ですが、宛名は両方が好ましいですが、花婿花嫁との関係から片方のみになってしまうこともあります。
花嫁宛で出すときは入籍を済ましていないなら、通常花嫁の姓は旧姓にします。
さらに、送り先の披露宴会場の住所を間違えないようしっかり確認し、届かないことがないようにします。