お祝いする気持ちを表すことができる電報

結婚式に招待してもらったのに、様々な事情で出席できないことはあります。
そのような場面でも祝福する気持ちを表すことができるのが電報です。
台紙のみのものもありますが、新郎新婦を喜ばすために、ぬいぐるみを一緒に届けたり、バルーンを一緒に届けたりするサービスができています。
料金は文字数などにもより異なりますが、安いものは1000円ぐらいからできます。
届ける場合の注意は、送る文章に忌み言葉を使わないことです。
そして、切るや壊れるなどの別れを連想させる言葉を使わないことも大切です。
届けるタイミングは、披露宴の途中で読み上げられることがあるので、披露宴が始まる1時間前には届くようにしておくことが必要です。
電報を扱っている会社にもよりますが、だいたい1ヶ月前から申し込むことができるので、前もって申し込んでおく方が良いです。
また届け先は披露宴会場となりますが、住所などを間違えると失礼になるので気をつける必要があります。
電報を送る時もマナーに気をつけることが大切です。